資料請求 講座申込
ハウジングインテリアカレッジの通信講座について 私のスキがカタチになる。インテリアコーディネーター通信講座一覧 建築業界に必要な国家資格。二級建築士通信講座一覧 通信教材販売 通信教育申し込み方法
ホーム カートを見る
ハウジングインテリアカレッジの通信講座について インテリアコーディネーター通信講座一覧
二級建築士通信講座一覧 通信教材販売 講座申し込みはこちらから
合格体験記・合格者の声
スタッフ紹介
インテリアコーディネーター全国統一模試
二級建築士全国統一模試
教材販売
フェイスブック
スタッフブログ
営業日について


スタッフブログ
インテリアコーディネーターブログ
二級建築士ブログ
インテリアコーディネーター2次試験問題の読み解き方①

2017年度のインテリアコーディネーター1次試験を受験された方、大変お疲れ様でした。

今、「2次対策は始めないとなぁ。でもまだ合格通知来てないしなあ。」と、モヤモヤな気持ちで試験結果を待っておられる方も多いと思います。

2次試験は1次試験と違って、一夜漬けが効きません。ハウジングインテリアカレッジ・住宅デザイン研究所では今、2次試験通信講座のお問い合わせやお申込みを多数お寄せいただいておりますが、何でもいいから、お手持ちのものでもいいから、今すぐ取り掛かっていただきたいというのが本音です。

まず取り掛かるべきことは「問題文を読む。どんな図面が出題されるのかを見る」です。

当スクールでも、まず問題の読み解き方DVDを見ていただき、DVDの中で練習問題の解き方のポイントの講義を見ていただいてから、添削問題→過去問題に取り組んでいただいています。

インテリアコーディネーター2次本試験問題では、独特の言いまわしの問題文がちょくちょく見られます。

例えば「○○の大きさのリビングボードを設けたい。」この“設けたい”は造作で造りつけたいという意味なので、必ずWDHの寸法を表示し、扉の形状も平面図に書きこむことが必要です。家具の側板、背板も書き込みましょう。また、立断面図が同時に出題されれば、立断面図には高さ方向の寸法を表示し、表面の仕上げも引き出し線を描いて書き込みます。

ハウジングインテリアカレッジ・住宅デザイン研究所の2次対策通信講座では、なかなか言葉や教材ではお伝えしづらいところをyoutube講義で勉強できます。

ご質問もメールで気軽に何度でもできます。早ければ早いほど、合格の可能性が上がります。

売り文句ではないですが、どうかあまりゆっくりかまえずに、迅速な準備をなさって合格を勝ち取ってください。

今年合格したい方を全力で応援します!

 

■インテリアコーディネーター通信講座のお問い合わせは・・

ハウジングインテリアカレッジ・住宅デザイン研究所

フリーダイヤル 0120-955-395